レコード・ジャケット

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック

イエス: 錯乱の扉 -Soon-

イエス:錯乱の扉

アルバム『危機』の後の『海洋地形学の物語』、イエス・ファンでも「?」という人は多かった。私は好きなアルバムですが、レコード時代ですので全曲通して聴くのは大変でした。やはりレコード片面で一曲の方が聴きやすいし、ドラマチックになる。

また、これが原因でウェイクマンが脱退したとの情報には、がっくりきたのを覚えている。私の中では、ウェイクマンはイエスそのものになっていたからだ。

ブラッフォードも同じ時期に脱退。ドラムは職人アラン・ホワイトが器用に溶け込んだが、キーボードの人選は難しかったようだ。ヴァンゲリスなどの名が挙がっていたが…

しかし、パトリック・モラーツが入っての『錯乱の扉』は素晴らしかった。『危機』の第二弾ともいうべき個性のぶつかり合いが昇華されたA面『錯乱の扉』。これぞ、私の好きなイエスだ。

また、ロジャー・デーンのジャケットも一味違ったモノトーンのジャケット。裏面にならなければ、蛇の顔は出てこないのがいい。「蛇」は西洋人には、特別な意味がある。そう、原罪だ。だから、私のイメージには天使が出てきた、うなだれた天使が。

この後のイエスは、メンバーも変わり色々な方向に行ってしまい、個人的には前のように好きになれなかった。ABWH(アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ)には大いに期待したが、4人だけの活動はすぐ止めてしまった。

Soon

まもなく まもなく光がやってくる
内側に射し込んできて
この終わりなき夜に慰めをもたらしたまえ
そして この場所であなたを待ちたまえ
ここにあるべきは 我々の理性

かつて 詩に込められた理性

Soon, oh soon the light
Pass within and soothe this endless night
And wait here for you
Our reason to be here

Long ago, set into rhyme

【訳詞出典】
http://proglyrics.blogspot.jp/2009/03/blog-post_5984.html