【夜の女神ニュクス】カオスから生まれた原初の女神

【夜の女神ニュクス】カオスから生まれた原初の女神

カオスの子

カオスから晦冥(エレボス)と黒い(ニュクス)が生じた。
夜からは顥気(かうき:アイテル)と(ヘメラ)が生じたが、彼女は晦冥と愛の交わりをして、それらを身籠り生んだのだ。

夜の子

(ニュクス)は忌まわしい死の定め(モロス)と、黒い死神(ケール)と、(タナトス)を生み、眠り(ヒュプノス)を生み、(オネイロス)の一族を生んだ。

次にまた、漆黒の夜(ニュクス)はいずれの神とも枕を交わすことなく、非難(モモス)と、痛ましい苦悩(オイジュス)を、
更には、名に負う大洋の彼方で、美しい黄金の林檎と、その実を結ぶ木々とを守るタべの娘たち(ヘスペリデス)を生んだ。

また、運命(モイラ)たちと、容赦なく罰する死神(ケール)たちを生んだが、
[人の子が生まれるに際して福と禍を授ける、クロトとラケシスとアトロポスを]
これは、人間と神々の違反を追及し、犯した者に手ひどい罰を加えるまでは、決して恐ろしい怒りを止めない女神たちだ。

空蝉の人の子の災厄となる悲憤(ネメシス)をも生んだ。
禍々しい夜(ニュクス)は、その後更に、欺瞞(アパテ)に色事(ピロテス)、呪わしい老い(ゲーラス)に、強い心の争い(エリス)を生んだ。

-- ヘシオドス『神統記』より --

[ギリシャ神話ネタ99]
▶︎【夜の女神ニュクス】カオスから生まれた原初の女神

【イメージ制作】

3枚の画像を使っています。

  1. 水滴の画像
  2. オーギュスト・アレクサンドル・ハーシュ『夜の女神』(上の絵画)
    夜の女神では、美しい絵画です。
  3. ジャン=レオン・ジェローム『夜の女神』(中央の絵画)

夜の女神ニュクスの子:眠りと死女神ニュクスの子:眠りと死

おすすめの記事