【ティタノマキア】ゼウス神々の王に

クロノスvsゼウス

レアから生まれた子に、支配権を奪われるだろう
ウラノスは予言しました。

父ウラノスを倒したクロノスは、同じティーターン神族の姉レアと結婚し、女神ヘスティア、デーメーテール、ヘーラー、男神ハーデース、ポセイドーンを生みました。

しかし、クロノスはウラノスの予言から、生まれた我が子を次々に飲み込んでしまったのです。

悲しんだレアは、新たに身ごもった子ゼウスだけは助けたいと願い、母ガイアの助言を得てクレータ島で密かに出産。

成長したゼウスは、飲み込まれた兄と姉たちを助け出すと、オリュンポス山に布陣し、ティーターン神族に戦いを挑みます。

ティタノマキア」と言われる戦いで、10年間も続きます。

ティタノマキアの勝利後、ゼウスが天空と地上を、ポセイドーンが海を、そしてハーデースが冥界を支配することになったのです。

[ギリシャ神話ネタ99]
No.4【ティタノマキア】ゼウス神々の王に

【イメージ制作】

ドラマチックなクロノスの画像が、ウィキメディアにありました。このクロノスに対する、ゼウスの良い画像が見つかりません。

そこで、ゼウスの画像ではなく、ゼウスの象徴である〈〉にしてみました。それも、ハクトウワシ(白頭鷲)です。頭が黒い鷲より、白い頭の方が、ここではクッキリ見えますので、ゼウスが強調されたと思いました。

おすすめの記事