【テューポーン】ゼウス生涯一度の敗北!最強の怪物〈ゼウスvsテューポーン〉背景:Typhoon Hagupit 2014

なぜ、エジプトの神々は動物の頭なのか?

テューポーンの大きさは、頭は天に届き、両腕を広げると世界の果てにまで達します。

目から火を放ち、炎を吐きます。

また、その両肩からは恐ろしい竜蛇の頭が百も生え出て、腿から下は巨大な毒蛇がとぐろを巻いた形をしているといわれています。

テューポーンを恐れたオリュンポスの神々は、鳥や動物たちに化けてエジプトに逃げました。だから、エジプトの神々は、鷲、牝牛、牡羊など動物の顔をしているのです。

エジプトの神々

(左から)ラー・アヌビス・クヌム・セト・トト・ホルス

テューポーンはカシオス山で反撃に転じ、ゼウスを締め上げて金剛の鎌と雷霆を取り上げ、手足の腱を切り落とし、デルポイ近くのコーリュキオンと呼ばれる洞窟へ閉じ込めてしまいました。

ゼウス生涯一度の敗北!

はたして、ゼウスはこの強大なテューポーンを倒すことができるのでしょうか⁉︎

[ギリシャ神話ネタ99]
▶︎No.6【テューポーン】ゼウス生涯一度の敗北!最強の怪物

【イメージ制作】

テューポーン[Typhoon]は、英語で台風です。背景に使ったのが、2014年(平成26年)12月1日に発生した台風第22号です。Hagupitはアジア名。

台風第22号の上空で、ゼウスとテューポーンが戦っているイメージにしました。ただ、テューポーンの画像が壺絵から起こされたものしかありません。なぜか、有名な画家はテューポーンを描いていません。

「なんで、ここにエジプトの神々が?」と思ってもらえるよう、エジプトの神々を入れました。

おすすめの記事