レコード・ジャケット

和マインド

和マインド

和花写流20: みなしごハッチの旅路

ミツバチの旅路

みなしごハッチが母を求めて、
もうどれくらいの年月がたったでしょうか。

けっして、めげないみなしごハッチくん

しばし、私(花)の上で休んでください。
水の中には、あの悲しい友だちのタガメ君はいませんが。

ハッチと友だちのタガメは、
なんとか巨大な怪物を倒しました。

しかし……
じつは、怪物は友だちの父親タガメだったのです。

友だちは自分の正体が怪物タガメだと分かると

「僕は大きくなるとキミを食べたくなるから、
近づいちゃだめだ!」

と言って、涙をこらえて
みなしごハッチから去っていきました。

「去らなくても、きっとなんとかなるよ」
と、見ていて思いました。

自然はそんなことは許さない!
と、わかってはいましたが。

↓タガメ