ポセイドンの目覚め

アルバム「ポセイドンのめざめ」

Epitaph(エピタフ)の続編というべきか!本編というべきか!

キング・クリムゾン、セカンド・アルバム!
(ジャケット帯より)
「宮殿」の音楽性を継承しつつも、ジャズ・ロック要素を
大胆に神した方向性を提示した人気作!

ピート・シンフィールドの詞は、鬼気迫るものがあります。

Two women weep, Dame Scarlet Screen
Sheds sudden theatre rain,
Whilst dark in dream the Midnight Queen
Knows every human pain.
In air, fire, earth and water
World on the scales.

SIDE A

  1. 平和 / 序章  – PEACE - A BEGINNING
  2. 冷たい街の情景(インクルーディング:トレッドミル42番街[8])  – PICTURES OF A CITY (including 42nd at Treadmill)
  3. ケイデンスとカスケイド  – CADENCE AND CASCADE
  4. ポセイドンのめざめ(インクルーディング:リブラのテーマ)  – IN THE WAKE OF POSEIDON (including Libra's Theme)

SIDE B

  1. 平和 / テーマ  – PEACE - A THEME
  2. キャット・フード  – CAT FOOD
  3. デヴィルズ・トライアングル  – THE DEVIL'S TRIANGLE
    (i) マーデイ・モーン  – (a) MERDAY MORN
    (ii) ハンド・オブ・セイロン  – (b) HAND OF SCEIRON
    (iii) ガーデン・オブ・ワーム  – (c) GARDEN OF WORM
  4. 平和 /終章 – PEACE - AN END

Robert Fripp (G,Mtn)
Greg Lake (Vo)
Peter Giles (B)
Michael Giles (Ds)
Mel Collins (FI, S)
Gordon Haskell (Vo)
Pete Sinfield (Words)
Keith Tippett (Kd)

ポセイドンの目覚め

    『キング・クリムゾン』TOKYO FM出版より

    『キング・クリムゾン』(TOKYO FM出版)を本を読んでみた。誰もが感じたであろう〈当時の衝撃〉を実によくまとめて書いてあります。だから、そのままここに掲載しておきます。

    アルバム『ポセイドンのめざめ』解説

    『キング・クリムゾン』TOKYO FM出版1970年5月にリリースされたセカンド・アルバム。

    イアン・マクドナルドを除くオリジナル・メンバー全員がとりあえず参加しているものの、すでにマイケル・ジャイルスはマクドナルドと共に『マクドナルド&ジャイルズ』を結成しています。

    また、グレッグ・レイクも『EL&P』への参加を表明している分裂状態でのレコーディング。

    キース・ティペット、ピーター・ジャイルズ、アンディ・マックローチ、メル・コリンズ、ゴードン・ハスケルらも参加して、新旧のメンバーやゲストが入り乱れている。

    ギリシャ神話やアトランティスなどをモチーフにしたコンセプチュアルなアルバムだが、前作『クリムゾン・キングの宮殿』の構造をほぼ忠実に踏襲した双生児感覚の姉妹作であり、特にA②一④は前作での「21世紀の精神異常者」「風に語りて」「Epitaph」という劇的な展開に正確に対応している。

    もちろんホルストの「火星」をモチーフとする組曲形式のB③など新たな試みもあり、過渡期の混乱の中で制作さたとはとても思えぬ緊張感と完成度をを維持しているところはさすがキング・クリムゾン。

    おすすめの記事