【リック・ウェイクマン】Judas Iscariot

Judas Iscariot 罪なる舞踏 - イスカリオテのユダの裏切り

リック・ウェイクマンのアルバム『Criminal Record(罪なる舞踏)』全6曲の最後の曲です。

  1. Statue Of Justice 正義の女神
  2. Crime Of Passion 情熱の犯罪
  3. Chamber Of Horrors 恐怖の蝋人形館
  4. Birdman Of Alcatraz アルカトラス刑務所のバードマン
  5. The Breathalyser 犯罪!?(酒気検査器)
  6. Judas Iscariot 罪なる舞踏 - イスカリオテのユダの裏切り -

このアルバムは『アーサー王と円卓の騎士たち』と同じく、リックのプログレらしいアルバムです。
ただし、
アーサー王と円卓の騎士たち』には、華やかさがあります。
Criminal Record(罪なる舞踏)』には暗く重厚な曲の展開がキーボードで作り上げれられていきます。
特に、『Judas Iscariot 罪なる舞踏 - イスカリオテのユダの裏切り -』には。

3人の画家の絵画を合成してみました。
上から、

  1. ピエトロ・ロレンツェッティ〈ユダの自殺〉
  2. ジョット・ディ・ボンドーネ〈Kiss of Judas〉
  3. ニコライ・ゲー〈ユダの良心〉

ピエトロ・ロレンツェッティの〈ユダの自殺〉を初めて見たとき、こんな絵画があったんだと思いました。
ユダが自殺したと知っていましたので、それほど驚くことはありませんでした。

しかし、ニコライ・ゲー〈ユダの良心〉の絵画を見たとき、衝撃を受けました。
この闇は何だろう?
と考えてしまいました。

そんな思いがあったので、『Criminal Record(罪なる舞踏)』は、この3枚の絵を合成してみました。

人の画家の絵画

なぜ、ユダは自殺したのでしょうか?

(マタイによる福音書 第27章)
イエスを裏切ったユダは、
イエスが罪に定められたのを見て後悔し、銀貨三十枚を祭司長、長老たちに返して言った、
「わたしは罪のない人の血を売るようなことをして、罪を犯しました」

しかし彼らは言った、
「それは、われわれの知ったことか。自分で始末するがよい」

そこで、彼は銀貨を聖所に投げ込んで出て行き、首をつって死んだ。

おすすめの記事