レコード・ジャケット

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック

バッハ: トッカータとフーガ ニ短調

トッカータとフーガ ニ短調

トッカータとフーガ ニ短調、あえてプログレッシブ・ロックに

この宇宙的な壮大さと繊細なドラマチックな展開!
プログレに傾倒した原点は、たぶんこの曲です。
パイプ・オルガンやチェンバロがかなり好きで、
ロックの中のハモンド・オルガンやムーグなどは自然に感じられました。

ですので基本、キーボード奏者がメインのグループが好きです。
キース・エマーソンのELP、
リック・ライトのPink Floyd、
リック・ウェイクマンのYES、
タイス・ヴァン・レアーのFOCUS
マイク・ピンダーのムーディー・ブルース……etc.

バッハ「トッカータとフーガ ニ短調」聞いてみてください。
まさに、プログレッシブといってもいいのではないでしょうか?

私には音楽的な知識がないので、音楽的な解説はできませんが、
この音の展開—ドラマティックさと繊細さはキース・エマーソンに通じてませんか?