レコード・ジャケット

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック

ピンク・フロイド: 原子心母

原子心母

このイメージジャケットは、「原子心母」というタイトルではなかったのです。
ただ単に、ピンク・フロイドのイメージだったのです。
それが、なんとなく「原子心母 ATOM HEART MOTHER」としっくりくるようになっていました。

それは、ミケランジェロの「ピエタ」の聖母像や隕石の落下、
ハスの花が暗示する仏教的イメージの再生などが、
「原子心母 ATOM HEART MOTHER」にぴったりだと思ってしまったからです。

中ほどの爆発音の後に
「Try a Sympathy to Ours.」と祈るような言葉が入るのですが、
実際は「Try a Sympathy to Ours.」と言っているのかどうか、よくわかりません。
誰か、分かる人がいたら、教えていただけないでしょうか。

聴けば聴くほど納得!「原子心母」

聴いた時から虜になりました。
このオリジナル・ジャケットにはビックリ!
正直、未だにこのデザインがいいのかどうか、わかりません。

ヒプノシス」というデザイン会社を知ったきっかけでした。

大晦日の夜に
「エコーズ」と一緒に弟と聴くのが我が家の行事になっていました。

また、一人暮らしの若い時、
アパートの電気を消して一人でもよく聴いたものです。

(ジャケット帯)
ロック史上に偉大なる足跡を残し、
燦然と輝く傑作中の傑作。
崇高なるピンク・フロイドの音宇宙!

原子心母 - ATOM HEART MOTHER

1. Atom Heart Mother
2. If
3. Summer '68
4. Fat Old Sun
5. Alan's Psychedelic Breakfast