レコード・ジャケット

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック

ピンク・フロイド: エコーズ

ピンク・フロイド:エコーズ

ピンク・フロイド東京都体育館コンサート1972年3月6日

『エコーズ』では、忘れられない思い出があります。
それが、1972年3月6日のピンクフロイド東京都体育館コンサートです。
『エコーズ』は、第二部最後の曲でした。

ロジャー・ウォーターズがベースを手放し、オルガンの前に座り、キーボード担当のリチャード・ライトが電子ピアノの前に座ります。
そして、ロジャーがただ一言「Now Echoes」

サラウンドシステムでの音響効果でしょうか。あのエコーズの最初のピアノの一音が、黄色いモヤのように私の席に飛んできました。まるで、現実に音がモヤになったように、視覚的に見えた感じです。
(私の席は半分よりやや後ろの真ん中辺で音響的には良い位置でした)

1972ピンク・フロイド東京都体育館コンサート第一部

野球場の照明のようなステージ左右に設置されたライトシステムに照らされた4人―リチャード・ライト、ニック・メイスン、ロジャー・ウォーターズ、デビッド・ギルモア―が、それぞれ持ち場に着きます。しかも、誰も手を振ったり、会場の観客を見たりしません。挨拶もありません。まったくの無言……

おもむろに楽器をチューニングしているかのように音を出しはじめ、そのまま約1時間演奏し続けました。
そして、4人は誰も何も語らず、ステージを去りました。

英語がわからない私には、何が何だかわからず、気が付いたら1時間経っていたという感じでした。

糸井五郎が出てきて、演奏した曲が新曲『The Dark Side Of The Moon』であると知らされました。説明は後の祭りで、私は狐につままれたような感じでした。

当日会場で『月の裏側-もろもろの狂人達の為への作品-』という歌詞カードが配布されたとのことでした。全く記憶にはありません。

The Dark Side Of The Moon(狂気)
※リリースされたのは1年後の1973年3月でした。
01. Speak To Me
02. Breathe
03. On The Run
04. Time
05. Breathe (Reprise)
06. The Great Gig In The Sky
07. Money
08. Us And Them
09. Any Colour You Like
10. Brain Damage
11. Eclipse

(糸居五郎アナウンス後、休憩)

1972ピンク・フロイド東京都体育館コンサート第二部

One Of These Days(吹けよ風、呼べよ嵐)
Careful With That Axe, Eugene(ユージン、斧に気をつけろ)
Echoes(エコーズ)

何回もレコードで聞いている曲で、心ゆくまで楽しめました。
『吹けよ風、呼べよ嵐』ロジャーの不気味な叫び声の『ユ-ジン、斧に気をつけろ』そして、最初の電子ピアノが印象的な『エコーズ』。

(糸居五郎アナウンス)

1972ピンク・フロイド東京都体育館コンサート アンコール

最後の最後はアンコールで『神秘』。
あの渦巻のような音は、ギルモアがギターのカタポストを弦に押しつけ円を描いていくように押しつけ出していました。

A Saucerful Of Secrets(神秘)

なお、同じ1972年に行われた
ピンク・フロイド ライブ・アット・ポンペイ(1972.9)
1972東京都体育館コンサートと全く同じような演奏です。同じ年のライブですから当たり前ですが……

Pink Floyd Live at Pompei
ピンク・フロイドの「ライブ」を収録した映像ドキュメンタリー。監督はエイドリアン・メイベン。イタリアのポンペイにある遺跡で、観客はなしでライブを行い、1972年9月に一般公開されました。

2008年9月15日に亡くなられたリチャード・ライトのキーボードと優しい声が涙を誘います。

Echoes

Overhead the albatross
Hangs motionless upon the air
And deep beneath the roiling waves
in labyrinths of coral caves
An echo of a distant time
Comes willowing across the sand
And everything is green and submarine

And no one called us to the land
And no one knows the where's or why's
Something stirs and something tries
Starts to climb toward the light

Strangers passing in the street
By chance two separate glances meet
And I am you and what I see is me
And do I take you by the hand
And lead you through the land
And help me understand
The best I can

And no one called us to the land
And no one crosses there alive
No one speaks and no one tries
No one files around the sun